政策

政策

いばらきに、をはなつ!

重点政策6本の

① いばらきの福祉に、矢をはなつ!

誰もが高齢者や障がい者になりえることを想定したまちづくり

高齢者や障がい者のご家族に対しての行政支援のさらなる強化

両親ともに聴覚障がい者という家庭に生まれ育った者として、たとえ少数意見であっても、お一人お一人のお声にしっかりと耳を傾けて、党派会派を超えて取り組む柔軟性を大切にしてまいります。高齢者や障がい者、女性や子どもまで、誰もが輝ける市政実現を目指します。

② いばらきの教育に、矢をはなつ!

一人も見捨てない教育環境の整備/大学と連携したまちづくり

生き抜く力(=諦めない心)の涵養/こどもたちの遊び場創出

ICT教育(パソコンやタブレット端末、インターネットなどの情報通信技術を活用した教育手法)を推進します。さらに、追手門学院の職員時代に「おうてもんジュニアキャンパス」を企画実施した実績を活かし、市内5大学の取り組みとも連動した独自の先進教育を提案します。

③ いばらきの交通に、矢をはなつ!

慢性的交通渋滞の解消ならびに緩和/自転車駐輪場の増設推進

信号機のない横断歩道の安全対策/歩道と自転車路側帯の確保

市内中心部の主要幹線道路が片側1車線であるために慢性化する朝夕の交通渋滞。持ち前の若さと行動力を生かして、まずは、市民の皆様のご意見を伺った上で、経済的損失となっている現状打開のため、国や府とも連携を図り、渋滞の緩和・解消に向けて全力で取り組みます。

④ いばらきの安全に、矢をはなつ!

人口増加校区への交番設置/頻発する大型台風や巨大地震対策

彩都をはじめとする校区への交番設置を早期に実現し、平成31(2018)年に発生した大阪北部地震を教訓に、情報提供体制を整備します。

⑤ いばらきの育児に、矢をはなつ!

待機児童ゼロの実現/共働き世帯・ひとり親家庭の子育て支援

子どもを出産しても預け先がなく、職場復帰できずに、キャリアにも影響する現状。働く女性が早期に職場復帰できる環境を整備します。

⑥ いばらきの医療に、矢をはなつ!

小児夜間・休日に対応した救急病院誘致/検診・健診助成拡充

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて、救急病院の早期開院を働きかけるとともに、検診・健診助成を拡充します。